風俗は、自分好みのプレイを心置きなく楽しめることができます

睡眠中の女性

潔癖症の女性が風俗嬢になるには

潔癖症だからソープ等の風俗店で働けないと悩む女性がいるそうです。確かに風俗では様々な物と触れ合う必要がある。ツバや精液、肛門やペニス、そのほか諸々という所だろうか。キスにしてもベロを絡ませ合う濃厚なものだし、身体も密着するから相手の体臭が気になるなんて事も考えられる。
せっかくのチャンスを逃してしまうのは、もったいないだろう。幾つになっても稼げるとは言うけれど、出来るだけ早い方が良いに越したことは無い。今現在の自分の考え方を変えて、風俗業界に適応するためにはどうすればいいのだろうか。
そのためには少しだけ深く考える癖をつけておく事が肝心だ。例えば精液とは何なのだろうか、という事について考えてみたい。一見すると汚い様に思えるが、子供を生むきっかけとして絶対に必要な液であり、神聖なものという見方もできるはずだ。汚い液体がペニスの先から出るのではなく、大切な尊いものが出てくると思えば精液の『汚い』というイメージも変わる事だろう。
綺麗とか汚いというのは刷り込みの影響が大きいと私は考えている。そもそも風俗でのプレイは汚いものでは無いという事を意識して欲しい。唾液も精液も全て不潔な物ではないのである。

新着情報

コンテンツ

本物を越えた香港の風俗映画

知る人ぞ知る風俗映画に「一路向西」というのがある。これはそのタイトルを見れば分かるかと思うが、…

»もっと読む

風俗嬢が有名になると、逆に客足は遠のく

風俗嬢がメディアに露出する理由は、やはりその宣伝効果を期待してのものである。幾ら実力があったと…

»もっと読む

潔癖症の女性が風俗嬢になるには

潔癖症だからソープ等の風俗店で働けないと悩む女性がいるそうです。確かに風俗では様々な物と触れ合…

»もっと読む

射精回数を各風俗店に競わせる

1件の風俗店で1日あたり何回射精が行われるのか定かではない。ソープ等の高級店の方が1プレイの時…

»もっと読む

TOP